インタビュー Interview

民泊市場は新興であることもあり、情報がなかなか表に出てこない状況です。エキサイト民泊では、現在民泊をしているホストへの取材などを通し、現場の実態をお伝えします。

インタビュー

「月6,000円でフロントスタッフが不要に、TATERU Phoneの導入効果」iVacation 代表取締役 大城崇聡氏

/ 最近ではホテル・旅館業界では人手不足が問題視され、効率的な運営、運営のシステム化・省人化・無人化など、いかに少ない人員で効率的に運営するかという点が注目されている。今年4月には、観光庁が全国で実施したコンサルティング…

続きを読む >
インタビュー

第1部「2014年から続く日本最初の民泊清掃サービスのこだわり」air’s ROCK♪ 代表取締役 高梨一樹氏

/ 先日、住宅宿泊事業法が成立した。それを受け、Airbnbなど各仲介サイトは新法への対応姿勢をそれぞれ表明するなど民泊業界の動向は今後さらに加速していくことが予想される。そんな中、既に「民泊清掃」領域の変化は始まってお…

続きを読む >
インタビュー

「民泊新法180日規制に対する2つの戦略」部屋バル 代表取締役 長谷川翔氏

/ 住宅宿泊事業法案には、営業の上限日数を180日以下に制限する内容が盛り込まれ、どうにかして残りの185日間の活用できないものかと頭を悩ませる民泊事業者が多いのではないだろうか。この悩みへの解決策に対し、民泊物件を専門…

続きを読む >
インタビュー

「特区民泊開始から1年、その成果や今後について」大田区 健康政策部 生活衛生課 三井英司氏・伊藤弘之氏

/ 2016年1月29日、東京都大田区で特区民泊の申請受付が全国で初めて開始され、これを機に民泊に対する注目が大きく高まり、民泊市場の急成長を予感させた。そして1年が経過し、現在の認定施設数は37件に至る。住宅宿泊事業法…

続きを読む >
インタビュー

「ホテル・民泊におけるビッグデータの有用性」VSbias 代表取締役 留田紫雲氏

/ ビッグデータ、AI、ボット、これらの最新テクノロジーを取り入れた企業への注目度は高い。関連スタートアップの大型資金調達、大手企業による巨額買収、新規事業発表による株価高騰など、非常に大きな盛り上がりを見せている。民泊…

続きを読む >
インタビュー

「コスパの良い旅館業許可の取り方と自治体ごとの特性」民泊実務集団TEAM Nanatsuba・冬木洋二朗氏

/ 大阪特区での2泊3日解禁、住宅事業法案での180日規制、旅館業許可を取得するプロの増加など、この半年で民泊を取り巻く環境の変化は著しく、「私は民泊を始めるべきなのか」「どんな進め方が私にあっているのか」など頭を悩ませ…

続きを読む >
インタビュー

驚き、諦め、Airbnbの民泊新法対応を巡る様々な考え

民泊予約サイトのAirbnbが、民泊新法で規制される営業日数180日を超えるリスティングに対し、システムで自動的にゲストへ非表示にされる機能を追加する方針であると報じられ、不動産・IT・民泊関連の多くのメディアが取り上げ…

続きを読む >
インタビュー

民泊のトラブルが多様化、無断で怪しい撮影や治療費請求など

民泊は新しい投資の1つとして注目されることが多いのだが、実際は運営するためには清掃作業やフロント業務、清掃作業、トラブル対応など非常に多くの業務が必要となるため、決して不労所得とは言えないものとなっている。 民泊、air…

続きを読む >
インタビュー

台頭する民泊ブッキングサイト「AsiaYo」が民泊事業にとって重要なこと

今回は、「AsiaYo」Head of Japan 内海玄氏に取材のご協力を頂いた。 台湾発の民泊予約サイト「AsiaYo」、日本展開を牽引する内海氏が考える民泊の今後、サービス展開、民泊新法についてなど様々な角度から話…

続きを読む >
インタビュー

「”Airbnbの補償制度があるから大丈夫”は誤解」一般社団法人民泊民宿協会 代表理事 大坂登氏

今回は、一般社団法人民泊民宿協会の代表理事 大坂登氏に取材のご協力を頂いた。 ・ いわゆる”普通の”火災保険は民泊運営時の火災を補償できない 賃貸マンションを借りて民泊を運営するホストさんの多くが、一般住宅火災保険に入っ…

続きを読む >
インタビュー

「帰国前に○○周辺で1泊するゲストを狙う」注目する民泊物件エリアとは

12月3日、民泊運営者向けのミートアップがエキサイト株式会社協賛のもと開催された。民泊を始めてから1年未満の方、10件以上を運営するベテランホスト、複数物件をスーパーホストとして運営する方など、参加者の経歴は多岐に渡り、…

続きを読む >