「帰国前に○○周辺で1泊するゲストを狙う」注目する民泊物件エリアとは

123日、民泊運営者向けのミートアップがエキサイト株式会社協賛のもと開催された。民泊を始めてから1年未満の方、10件以上を運営するベテランホスト、複数物件をスーパーホストとして運営する方など、参加者の経歴は多岐に渡り、非常に活発な情報交換が行われた。

90538a8c-a043-4efa-b391-39e13b3c81e3

13時から15時までの2時間で、スーパーホストによる売上戦略や、パネルディスカッションをコンテンツとする勉強会が実施され、活躍する民泊運営者が売上を伸ばすために日々どのような施策をうっているのか、実体験をもとにした話を聞くことができた。

dsc_9848

品川駅周辺は今後注目のエリア

次に民泊物件を増やすとしたら、どこのエリアにしますか?

  • 横浜エリアはシーズンの差が激しいので、注意が必要
  • 渋谷、新宿、浅草などの王道エリアの稼働率は引き続き高い
  • 六本木の稼働率は非常に高い
  • 品川駅周辺は注目。帰国前日などでは空港に近い場所で1泊取る事が多いので稼働率が高い。
  • 日本の部屋は狭いと思っているので広い部屋が良い

広い部屋は文字を入れず、広さをアピール

予約を獲得するために工夫されていることはありますか?

  • リスティングページのTOP画像は狭い部屋なら文字を入れる、広い部屋なら文字を入れず広さをアピールする
  • 特徴を持たせる事で、単価も稼働率も上げることができる
  • TOP画像向けに、シールタイプの壁紙などを使って、お部屋を明るい印象にさせる
  • 日本のアニメは海外での認知度が高い

その他参考情報

  • 稼働率が低くても安易に金額を下げない。PVを見ながら原因を考える事。
  • Airbnbでのメッセージのやり取りで現金受け渡しなどを行おうとすると、アカウント停止にされる事がある 
  • お部屋にチップボックスを置いておくことで、母国に持って帰る必要のない小銭などを頂ける場合がある