どうしてレビューを書いてくれないの?レビューを書いてもらうための簡単テクニック

この記事の要点

レビューを獲得する方法
・ゲストと顔を合わせる
・トラブルにきっちり対処することがレビュー獲得率を高める
・直接お願いする

 

民泊を運営していて重要なのが「ゲストからのレビュー」です。

ただ泊まってもらっても以外とゲストは書いてくれないもの。
中には10組に泊まって貰ったのに1件も書いてくれなかったというケースも。

今回は、レビューを書かせ上手なホストさんがやっている簡単テクニックをご紹介します。

 


 

1.宿泊中に必ず一度会う事

民泊利用してもらっているゲストさんと必ず一度は会うようにしているというのはスーパーホストのMさん。
鍵の受け渡しでなくても、日本のお菓子を上げるとか、折り紙をお土産に持っていくなど
何か理由を付けて会うようにしているとのこと。
会う事で、お互いの顔が見えるので部屋を綺麗に使ってもらえますし、レビューを書いてくれるので一石二鳥ですね

 

2.ピンチをチャンスに!トラブルをレビューに

民泊中に小さな困る事はやはり起きるもの。
行きたい場所への電車の乗り継ぎから、美味しいお店を教えて欲しいとか、家具や家電の使い方まで。
そんなトラブルがあった時こそチャンスです。
トラブルを助けてもらったりした時こそ、ゲストはレビューを書きたくなるはずです。

 

3.素直にお願いする

レビューを書いてくれないのは、もしかしたら素直にお願いできていないのが原因かもしれません。
とはいえ、そんなストレートにお願いしたら露骨で嫌がられないかな・・・・
そんなことはありません。日本に観光客として来る割合の多い、中国や韓国、アメリカの方々は
要求される事が印象を悪くする事には繋がらないと思いますよ。
それでも言いづらい時は、「泊まってくれたみんなのレビューも素敵な思いでなんだ。是非書いてくれないかな?」
こんな感じでさりげなく聞いてみては??
レビューとコメントはお部屋の事が客観的に分かる情報で、ゲストも重要視しています。
今度泊まるゲストに是非試してみてはいかがでしょうか。