訪日旅行者から予約が集まる民泊物件インテリア特集①

 

民泊部屋の増加や、様々なバリエーションのホテル新設により、旅行者は豊富な選択肢から自分の好みにあった施設を選択することができるようになった。しかし一方で、民泊ホストにとっては他の施設に埋もれてしまうリスクに対処することが必要になった。訪日旅行者の宿泊予約を獲得するためには、他の施設とは異なる・泊まりたくなる魅力を作らなければならない。

民泊が他施設と差別化を図る場合において、まず第一に重要な点は仲介サイト上での「見た目」「第一印象」の好感を得ることだ。

本稿では、約300件の民泊施設を運営代行するエアサポ社が手がける「もてコレ」というインテリアコーディネート事例を紹介する。同社は、300件の運営経験により培われたノウハウを活かし、訪日旅行者が予約したくなる、泊まりたくなる部屋をインテリアデザインから家具の設置まで、全ての工程でサポートする。どのようなインテリアが、訪日旅行者に受け容れられるのか。参考にご覧頂きたい。

京都戸建ての純和風スタイル

リビングルーム

/

ベッドルーム

/

北欧スタイルのワンルーム

リビングルーム

ベッドルーム

その他

/

もてコレ【インテリアコーディネート/全国】

もてコレのサービスは民泊に特化したコーディネーター6人による民泊部屋のインテリアコーディネートです。人気のエリアにお部屋を用意したら、次はいかに他のお部屋との差別化をするか?ということが問題になります。

同じような立地でどうせ部屋を借りるなら、綺麗なお部屋に泊まってみたいと考える旅行者さんが圧倒的に多いのです。

どれくらいの収容人数を想定して部屋を作るのが良いのか?エアサポでの運営代行事業で培ったノウハウを活用し、その地域で一番多い宿泊人数を見越してのインテリアデザインが可能になっております。リフォーム実績、セットアップ件数150件以上!

ご依頼頂いてから最短1週間でのセットアップ、写真撮影、画像処理が可能になっております。

/

提供サービス インテリアコーディネート
対応エリア 東京、横浜、京都、大阪、北海道、福岡、沖縄、名古屋
料金 16万円〜

(※リンク先は運営会社エアサポHPです。)