iVacation、今年8月福岡で日本のお菓子を楽しめる新感覚ホステルを開業

/

株式会社iVacationは、テクノロジーを活用したホステルブランド「TRIP POD(トリップポッド)」の展開を開始し、今年9月には「TRIP POD」のコンセプト型ホステル「TRIP POD FUKUOKA – snack & bed –」を開業すると発表した。

/

TATERU Phone」でゲストの旅行を快適に

ゲスト には、旅行者向けIoTデバイス「TATERU Phone」を無料で貸し出される。多言語対応のトリップコンシェルジュが、チャットでゲストの質問や要望に対応するほか、テザリングや翻訳機能、観光地の音声ガイド機能などの利用が可能。タクシーやレストランの予約受付など、滞在中の対応をトリップコンシェルジュが行うため、ゲストは快適に旅行を楽しむことができる。

/

「日本のお菓子を食べながらゆっくり寛げる」がコンセプト

2017年9月に開業する「TRIP POD FUKUOKA – snack & bed –」は、日本のお菓子を食べながらゆっくり寛げる新しいコンセプト型のホステル。昔ながらの駄菓子、和菓子やスナック菓子、スイーツのほか、ご当地お菓子や「TRIP POD FUKUOKA – snack & bed –」でしか買えない限定のお菓子などを用意し、ゲストに日本のお菓子文化を楽しんでもらうことを狙う。宿泊者は無料でお菓子を食べることができ、気に入ったお菓子はお土産として購入することも可能。

/

参照:「“Vacation×Technology”テクノロジーを活用したホステルブランド「TRIP POD」始動「TRIP POD FUKUOKA – snack & bed –20179月に開業!」