【excite民泊】今週新着の人気記事TOP3を発表!

今週公開した人気の新着記事 TOP3

1位. 「東京の下町・谷中で簡易宿所”寿荘”を開業に至るまで ②」寿荘当主 綱島良次 × 株式会社Staymo

“寿荘は、東京の「谷中・根津・千駄木」エリアのちょうど真ん中あたりにある、小さな宿泊処。”

寿荘は、綱島良次氏が当主をつとめる、今年1月に東京都台東区谷中に開業された宿泊処であり、1階が宿泊施設、2階・3階を綱島氏が居住する住宅となっている。

東京の下町・谷中で簡易宿所”寿荘”を開業に至るまで ①」に続き、今回も綱島氏と、寿荘の運営コンサルティングをしている株式会社Staymo(以下、ステイモ)の高橋氏・源氏・真鍋氏にご協力頂き、寿荘開業に至るまでの経緯や苦労したこと、始めてからの稼働状況など様々な話を伺った。

/

2位. 北九州市の”自然体験型・特区民泊”施設第1号がSTAY JAPANで7/29予約開始

株式会社百戦錬磨は、同社が運営する民泊予約サイト「STAY JAPAN」にて、福岡県北九州市の特区民泊第一号となる宿泊施設「山の家 粋邑 HIRAODAI」を7月29日(土)より宿泊予約受付開始することを発表した。

第一号物件「山の家 粋邑 HIRAODAI」は、地域の魅力を発信する「Hug平尾台プロジェクト」を主催する壹岐尾恵美さんがオーナーとして、空家を地域活性につながる民泊施設に転用したもの。平屋1軒家をリフォームし、日本家屋ならではの設えを残しながら現代風にアレンジした1棟貸し切りタイプの施設。

平尾台の魅力を満喫できる平尾台トレッキングや鍾乳洞でのケービング、農園での農業体験などのオリジナルの体験アクティビティも提供する。

/

3位. 14ヶ国語・24時間いつでも電話で対応可能な三者間通訳システム「Yaxcel」が8月提供開始

株式会社Lucciは、今年8月より宿泊事業者向けに24時間365日かけ放題の電話による三者間同時通訳システム「Yaxcel」の提供を開始すると発表した。

ゲストにとって安心な宿泊施設となる
言語も文化も違う島国である日本に来て、全く言葉が通じないというのはゲストにとってストレスであり、企業努力が不足していると判断されても仕方がありません。
本サービスを導入いただくことで、どのような宿泊施設様でも必要なコミュニケーションを図ることが可能となります。

事業者様、及び現場責任者の負担軽減
人材の確保はどのような業態でも苦労するところです。本サービスを導入いただくことで、必ずしも多言語を話すことができなくても支障が無くなりますので人材確保が楽になります。