Liquid、次世代指紋認証システム「Touch&Pay」の導入を10月より日本全国に拡大

 

生体認証エンジンの研究・開発を行う株式会社Liquidは、2020年の社会実装に向けた次世代指紋認証システム「Touch&Pay」の導入地域を2017年10月より日本全国に拡大、本格導入を開始する。

「Touch&Pay」のロゴマーク

 

「Touch&Pay」は、経済産業省が推し進める「IoT推進のための新ビジネス創出基盤整備事業(IoT活用おもてなし実証事業)」のひとつ。Liquidと株式会社JTBコーポレートセールス、株式会社オープントーン、株式会社創建、公益社団法人日本観光振興協会が連携することで、指紋を活用した生体認証で様々な決済サービスや、おもてなしサービスを享受できるストレスフリーな次世代プラットフォームだ。

2020年の社会実装に向けて、2016年より湯河原町や箱根町など約220の観光・宿泊施設などで実証実験を行ってきたが、10月より導入対象施設を日本全国に拡大し、「Touch&Pay」の本格導入を開始。訪日外国人に快適な買い物や観光体験を提供し、国内消費の拡大と生産性の向上を目指す。

「Touch&Pay」は精度が高く高速な指紋認証を、タブレットと指紋リーダーなどで提供するシステム。チケットや現金を指紋に登録すれば落とし物の心配も減り、チケット処理による行列や混雑も解消できる。またクレジットカードなどと連携させれば暗証番号を覚えておく必要もなく、物を持つ必要がない“手ぶらライフ”を実現できる。他にも国内の様々な提供サービスと連携させることで、訪日外国人はもとより、国内の様々な生活者の利便性を高めることができる。

 

次世代指紋認証で“ゆびさき“に様々なデータを紐付けできる。

 

「Touch&Pay」が提供する主なサービス

 

【関連リンク】
Touch&Pay
プレスリリース