法律・規制緩和 News

改正旅館業法、民泊特区、民泊新法など、民泊に関する法律や規制緩和についてのニュースを配信

ニュース

規制改革推進会議答申で、ホテルの客室規制を撤廃する方針

/ 日本経済新聞によると、政府の規制改革推進会議が安倍首相に提出する答申のなかに、ホテル・旅館の客室規制を撤廃する内容が盛り込まれていると報じた。最低5室以上の整備が条件となる客室規制を撤廃し、少ないコストでホテル・旅館…

続きを読む >
ニュース

京都市、宿泊者が宿泊税を負担する仕組み導入へ 民泊も対象にする方針

/ 日本経済新聞は、観光客に課す新税について検討する京都市の有識者委員会が10日、民泊や簡易宿所も含めた京都市内の全宿泊施設で、宿泊者が宿泊勢を負担する仕組みを導入を求め、8月に京都市長へ答申する予定であると報じた。 答…

続きを読む >
ニュース

住宅宿泊事業法案(民泊新法)が閣議決定、施行は2018年1月を目標に

日本経済新聞は、政府が3月10日、住宅宿泊事業法案(民泊新法案)を閣議決定したと報じた。今国会での成立を目指し、早期施行を目指し、早ければ2018年1月にも施行するという。 / 新法は民泊サービス”普及”のドライバーとな…

続きを読む >
ニュース

違法民泊に対し罰金100万円に向け最終調整へ、無許可営業の取締り一層強く

違法民泊に対し罰金100万円 ロイターは、政府が民泊の無許可営業に対する罰金額の上限を3万円から100万円へ引き上げる方向で最終調整していると報じた。無許可営業に対する罰則をめぐっては、かねてからホテル・旅館業界側から強…

続きを読む >
ニュース

民泊新法、1月の通常国会提出へ 判明した概要12項目まとめ

今年の通常国会への提出が予定されていた民泊新法について、産経新聞がその概要を報じた。政府は今月20日に召集される通常国会に民泊新法を提出すると見られる。 民泊新法の概要まとめ 法案名称 住宅宿泊事業法案(仮称) 許可取得…

続きを読む >
ニュース

民泊新法成立後も状況は変わらない?特区2泊3日も認定わずか

今年の1月1日から、大阪府、大阪市、北九州市で最低宿泊日数を「2泊3日」から受け入れ可能とする特区民泊が開始される。東京都大田区は、昨年1月末に全国で初めて条例を施行し、現時点で認定施設数・部屋数ともに最多であるものの、…

続きを読む >
ニュース

大阪、民泊ゲストに宿泊税を課税 Airbnbホストへの影響とは

大阪府議会は12月20日に開かれた本会議で、2017年1月から導入される「宿泊税」の課税対象に民泊利用者を加える改正条例が可決された。 ・ 宿泊税とは 大阪府は、2017年年1月1日から法定外目的税として宿泊税を導入。宿…

続きを読む >
ニュース

神奈川県、違法民泊を調査 条例による民泊新法の一部規制検討も

タウンニュースによると、神奈川県は違法民泊の施設を明らかにすることを目的とし、ホームページに許可施設の一覧を掲載する方針を明らかにしたという。今年度、県は26施設を調査し、そのうち13件が民泊の営業を止めたとしている。 …

続きを読む >
ニュース

新宿区、民泊に対し独自ルールを検討 条例による規制も視野に

東京都新宿区は2017年の通常国会に提出予定の民泊新法に備えて、区独自のルールを作り、新法民泊の一部規制に向けて動き出した。 ・ 民泊新法を条例で規制する案も 新宿区で頻発する民泊の課題を抽出し、新宿区にふさわしい都市型…

続きを読む >
ニュース

「大田区の特区民泊は民泊新法180日規制の対象ですか?」

民泊新法における営業日数上限が「180日」と決定され、民泊業界では大きな話題となった。他にも10月末に大阪市で特区民泊の申請受付が開始されるなど、民泊規制に関するニュースが相次いで報じられている。民泊新法、特区民泊、改正…

続きを読む >
ニュース

旅館業の規制緩和に向け要請、撤廃対象の規制とは

政府の規制改革推進会議は6日、旅館業の規制緩和を求める意見書をまとめた。 旅館業法は昭和23年に「公衆衛生及び国民生活の向上に寄与すること」を目的として制定され、設備の細かな基準などが定められていたが、時代に応じた変更が…

続きを読む >