特区民泊 TAG

インタビュー

「特区民泊開始から1年、その成果や今後について」大田区 健康政策部 生活衛生課 三井英司氏・伊藤弘之氏

/ 2016年1月29日、東京都大田区で特区民泊の申請受付が全国で初めて開始され、これを機に民泊に対する注目が大きく高まり、民泊市場の急成長を予感させた。そして1年が経過し、現在の認定施設数は37件に至る。住宅宿泊事業法…

続きを読む >
ノウハウ

特区民泊が可能な大田区における民泊物件の稼働状況を調査

  民泊における大田区のポテンシャル 国内最大の乗降客数「羽田空港」 大田区は東京都23区では最南部に位置し、北は品川区、西と南は神奈川県川崎市と隣接し、東は臨海地域となっている。区内には羽田空港があり、空港だ…

続きを読む >
ニュース

住宅宿泊事業法、特区民泊施行によりホストが受けられる2つの恩恵とは

/ 住宅宿泊事業法が閣議決定され、いよいよ民泊のルールが明確になる日も近い。「180日の営業日数上限」、「各自治体の条例による規制」など、まだまだ民泊の完全解禁とはいかないものの、ルールが明確にされることで企業が懸念して…

続きを読む >
ニュース

大阪、民泊ゲストに宿泊税を課税 Airbnbホストへの影響とは

大阪府議会は12月20日に開かれた本会議で、2017年1月から導入される「宿泊税」の課税対象に民泊利用者を加える改正条例が可決された。 ・ 宿泊税とは 大阪府は、2017年年1月1日から法定外目的税として宿泊税を導入。宿…

続きを読む >
ニュース

大阪市「2泊3日」条例改正案可決 特区認定はどんな部屋で可能か?

12月6日、大阪市議会の委員会で、民泊利用者の受け入れを「6泊7日」から「2泊3日」へと短縮する条例改正案が可決された。これにより、2017年の1月からこの緩和が開始される予定で、全国で初めてとなる。 全国で最もホテルの…

続きを読む >
ニュース

「日数上限緩和まで待つ」伸び悩む大阪市特区民泊申請 認定第1号は2施設

大阪市特区民泊は今年10月31日から事業者登録の受付が開始され、16日に2施設7部屋が初めて認定を受けたという。16日までに申請したのは3業者、その内2業者が認定を受け、予約サイトで情報が公開された。 大阪は東京に次いで…

続きを読む >
ニュース

大阪市民泊は来年1月から2泊3日へ

大阪市での特区民泊条例が10月31日に施行され、31日の午前9時から登録事業者の受付が開始された。 先日、最低宿泊日数が「6泊7日」から「2泊3日」へと緩和が閣議決定されたことを受け、民泊事業者からは大阪市の特区民泊で「…

続きを読む >
ニュース

特区民泊「2泊3日以上」への短縮が閣議決定

日本経済新聞によると、政府は本日10月25日の閣議で国家戦略特区内での民泊(特区民泊)の最低宿泊日数を「6泊7日以上」から「2泊3日以上」へと緩和することを決定したという。 民泊運営者が宿泊者の名簿を作成する事と、近隣住…

続きを読む >
ニュース

全国一、ホテルが取れない大阪市が特区民泊開始へ

日本経済新聞によると、大阪市が特区民泊を認める条例を施行する方針を決めたという。これにより10月末には特区民泊の条例が施行される見通しだ。 大阪市長は、増加を続ける訪日外国人に対する宿泊施設の不足に言及、稼働率が86%と…

続きを読む >
物件・エリアを決める

開始から7か月、特区民泊のいま

東京都大田区は民泊条例を施行し、特区民泊が認められている全国で数少ない民泊に寛容的な地域だ。 大田区が民泊に寛容である背景には、同区内にあるホテルの稼働率の高さにある。羽田空港から来る訪日外国人が増加する状況下で既存の宿…

続きを読む >
ニュース

空室を民泊へシフトし安定収益を目指す

バブル期が終わりに近づいた1990年代前半、アパートやマンションの建設ラッシュが起きた。現在、築20年以上の古い建物がそれにあたり、これらの物件価値は大幅に下がり、空室が埋まらず頭を悩ませるオーナーが続出している。 &n…

続きを読む >