厚生労働省 TAG

インタビュー

「民泊新法180日規制に対する2つの戦略」部屋バル 代表取締役 長谷川翔氏

/ 住宅宿泊事業法案には、営業の上限日数を180日以下に制限する内容が盛り込まれ、どうにかして残りの185日間の活用できないものかと頭を悩ませる民泊事業者が多いのではないだろうか。この悩みへの解決策に対し、民泊物件を専門…

続きを読む >
インタビュー

「特区民泊開始から1年、その成果や今後について」大田区 健康政策部 生活衛生課 三井英司氏・伊藤弘之氏

/ 2016年1月29日、東京都大田区で特区民泊の申請受付が全国で初めて開始され、これを機に民泊に対する注目が大きく高まり、民泊市場の急成長を予感させた。そして1年が経過し、現在の認定施設数は37件に至る。住宅宿泊事業法…

続きを読む >
ニュース

規制改革推進会議答申で、ホテルの客室規制を撤廃する方針

/ 日本経済新聞によると、政府の規制改革推進会議が安倍首相に提出する答申のなかに、ホテル・旅館の客室規制を撤廃する内容が盛り込まれていると報じた。最低5室以上の整備が条件となる客室規制を撤廃し、少ないコストでホテル・旅館…

続きを読む >
インタビュー

「コスパの良い旅館業許可の取り方と自治体ごとの特性」民泊実務集団TEAM Nanatsuba・冬木洋二朗氏

/ 大阪特区での2泊3日解禁、住宅事業法案での180日規制、旅館業許可を取得するプロの増加など、この半年で民泊を取り巻く環境の変化は著しく、「私は民泊を始めるべきなのか」「どんな進め方が私にあっているのか」など頭を悩ませ…

続きを読む >
ニュース

本格化する「住宅宿泊事業法180日対策」としてのマンスリー活用の流れ

/ 4月23日、トーキョーサンマルナナ株式会社主催の「民泊EXPOプレミアム2017」が京急蒲田駅近くの大田区産業プラザPiOにて開催された。 開催時刻の11時には、すでに長蛇の列ができ、会場に入るまでに10分程度の時間…

続きを読む >
ニュース

住宅宿泊事業法、特区民泊施行によりホストが受けられる2つの恩恵とは

/ 住宅宿泊事業法が閣議決定され、いよいよ民泊のルールが明確になる日も近い。「180日の営業日数上限」、「各自治体の条例による規制」など、まだまだ民泊の完全解禁とはいかないものの、ルールが明確にされることで企業が懸念して…

続きを読む >
ニュース

民泊新法の進展をうけ、シノケングループが民泊対応マンション分譲開始

株式会社シノケングループが、民泊対応型、投資用アパートおよび投資用マンションの分譲を2017年4月4日より開始したと、下記の通り発表した。 / 株式会社シノケングループ(東京オフィス:東京都港区,代表取締役社長:篠原英明…

続きを読む >
ニュース

民泊新法見据え、投資家の注目高まる「簡易宿所」 資本とリソース確保が鍵

Airbnbの民泊新法対応で状況一変 民泊として部屋を提供する多くのホストが、転貸が許可された賃貸物件を借りて、行政には無許可で民泊を運営しているケースが多い状況であった。しかし、営業日数が180日を越えるリスティングを…

続きを読む >
ニュース

民泊予約サイト大手「HomeAway」が民泊新法への協力姿勢を表明

HomeAway、新法の”公正で実行可能なルール作り”に協力姿勢 住宅宿泊事業法案の閣議決定を受けて ホームアウェイ(本社:米国テキサス州オースティン、英語名:HomeAway)は3月10日に 「…

続きを読む >
ニュース

住宅宿泊事業法案(民泊新法)が閣議決定、施行は2018年1月を目標に

日本経済新聞は、政府が3月10日、住宅宿泊事業法案(民泊新法案)を閣議決定したと報じた。今国会での成立を目指し、早期施行を目指し、早ければ2018年1月にも施行するという。 / 新法は民泊サービス”普及”のドライバーとな…

続きを読む >
ニュース

民泊新法対応のマンションが大田区に誕生「レジデンストーキョー大森西」

外国人向けに家具付き賃貸とマンスリーマンションの開発・運営をおこなう株式会社レジデンストーキョーは、大田区に民泊新法(住宅宿泊事業法案)に対応した新築マンション「レジデンストーキョー大森西」をオープンすると発表した。 「…

続きを読む >