各種サービス

エキサイト民泊では、民泊や簡易宿所など遊休資産を宿泊施設として活用する際に必要となる様々なジャンルのおすすめサービスをご紹介します。

/

物件

物件所有者から転貸が許可された賃貸物件や、旅館業の営業許可を既に取得した物件など、民泊への利用を見込める物件をご紹介致します。

▶︎民泊を運営できる物件について

民泊は、民泊条例が施行された国家戦略特区内で行う「特区民泊」と、民泊新法に則った「新法民泊」の2種類があり、簡易宿所、旅館業などの営業許可を取得した上で行う宿泊業も含めて、民泊と呼ばれる場合がある。各種民泊にはそれぞれのルールが定められ、民泊を運営しようとする物件は、建築基準、消防、衛生管理などの基準を満たし、管轄の自治体から認定を受けなければならない。

/

運営代行

ホストに代わって、ゲストからのメールや電話による問い合わせ対応、ゲストがチェックアウトした後の清掃、宿泊予約を獲得するためのサイト施策など、あらゆるホスト業務を代行するサービスをご紹介します。

▶︎民泊運営代行とは

民泊を運営するにあたり発生する様々な業務を、オーナーに代わり遂行することを指し、代行会社とは、業務を代行することに対し報酬を獲得することを事業として営む法人または個人を指す。運営業務は多岐にわたり、Airbnbを始めとして、Booking.com、HomeAway、agoda、AsiaYoなどの民泊予約サイトに登録し、サイト上で宿泊希望者と英語や中国語、韓国語などの外国語を用いてメールでコミュニケーションを取り予約獲得のための交渉を進めるなど、宿泊者を集めるために必要な業務がその1つ。他にも、宿泊者の滞在期間中に寄せられる設備の使い方・不具合・トラブルに関する問い合わせへの対応や、チェックアウト後の清掃作業などが運営業務として挙げられる。

/

清掃代行

ホストに代わり、清掃やリネンの洗濯、消耗品の補充などを代行してくれるサービスをご紹介します。

▶︎こういう方は利用をおすすめします。

一部屋運営する際に発生する清掃の頻度は月に4回〜7回程度。先述の通り、決して簡単ではない上に宿泊者の利用満足度にも大きな影響を与えるため、清掃が得意ではない、好きではない方は外部に委託してしまった方がよいだろう。仕事が忙しい、一度決まった予定は調整が難しいなどの事情により、急な清掃に対応ができない可能性がある方も外部委託をおすすめする。代行会社によっては、直前の清掃依頼を拒否するところもあるため、委託したくてもどこも引き受けてくれないという最悪のケースが想定されるからだ。

/

リノベーション・インテリア

ゲストが宿泊期間中に満足して過ごせる空間を作ってくれるリノベーション・リフォームサービス、インテリアデザイン・家具設置代行サービスなど、「お部屋作り」に関するサービスをご紹介します。

▶︎民泊における部屋作りの重要性

① 「部屋の見た目」がサイトの予約率を左右する
民泊を利用する旅行者(ゲスト)は、Airbnb、Agoda、HomeAway、Booking.comなどの予約サイトを閲覧し、数千〜数万件ある宿泊施設案内ページ(リスティング)を見て、宿泊したいリスティングを探す。民泊施設運営者(ホスト)がより多くの予約を獲得するためには、リスティング上で他との違い、魅力を訴求することが必要となる。業界内では、”リスティング映え”という言葉が用いられ、リスティング映えする部屋というのは、写真で見て、良いインパクトを与えることができ、他との差別化を図ることができているリスティングを指す。民泊において、部屋の見た目が非常に重要であり、決して自身の好みに偏ることなく、ゲスト視点での感性を盛り込むことが必要だ。

② 滞在中の「快適さ」がレビューの評価を左右する
リスティングでの訴求力を高めることに成功し、多くの予約を獲得できたとしても、いざ宿泊してみて、リスティングとは全く異なる部屋となってしまえば、その後のレビュー評価に悪影響を与えるリスクがある。レビュー評価とは、ゲスト・ホストの双方が互いを評価するシステムであり、継続的な予約獲得のためには、このレビュー評価が高いことが望ましい。リスティングでの「見た目」と実際の部屋に違いが出ないように注意して頂きたい。加えて、「汚い」「臭い」「寒い」といった要素はレビューの評価を大きく低下させるものであり、これらの要素を除くよう、快適さの確保も忘れてはならない。

/

Wi-Fi

民泊仕様として専用に提供されるポータブルWi-Fiレンタルサービスをご紹介します。

▶︎民泊Wi-Fiの特徴

通信制限なし
民泊Wi-FiとモバイルWi-Fiルーターが大きく異なる点が2つある。まず1つめが、原則としてどれだけ利用しても速度制限がかからないという点だ。モバイルWi-Fiルーターの多くが、一定の容量を利用すると、規定の期間中は速度制限がかかり、動画やサイズが大きいファイルなどを見ることが難しくなる。

民泊では短期に複数の旅行者が1つの施設に泊まりに来るため、一人の宿泊者が動画を長時間見ると、次の宿泊者は何もしていないのに制限がかかった状態のWi-Fiしか利用できないことになってしまい、これが旅行者の不満を募らせる要因になる危険性がある。無制限であれば、1つのWi-Fiで1つの施設を対応することができる。

解約違約金が発生しない
通常のモバイルWi-Fiルーターは、1〜2年契約期間が縛られ、契約期間満了前に解約をすると違約金として月額利用料金の3倍近い費用を請求される。民泊Wi-Fiは、契約期間を1ヶ月以内などの短期に設定していることが多く、その点も大きな特徴と言える。

保証が充実している
通常のモバイルWi-Fiルーターの場合、もし紛失、故障があった場合には新たにSIMカードと端末を購入し直す必要がある。民泊利用者にWi-Fiを提供すると、「外出先で紛失してしまった」「ポケットに入れたまま洗濯してしまい、壊れた」などのトラブルが十分起こり得る。民泊Wi-Fiであれば、月額数百円で保証制度に加入することができ、故障であれば0円、紛失でも1万円前後で新しい端末とSIMを支給してくれるため、安心して旅行者へ提供することができる。

/

鍵・フロント

ホストに代わり、ゲストへの鍵を受け渡しを行うサービスをご紹介します。

▶︎サービスを利用する必要性

民泊は海外から日本に訪れる「旅行者」(ゲスト)に利用されることが多く、それぞれの予定によりチェックイン・チェックアウトの時間が異なる。そのため、施設運営者(ホスト)はゲストがいつ来ても鍵をゲストに渡すことができるようにしておかなければならない。そこで、鍵の受け渡しをゲストとホスト双方にとって負荷なくスムーズに行うことを目的としたサービスがいくつかリリースされ、多くのホストがこれらを利用している。

/

許可申請代行

ホストに代わり、特区民泊や簡易宿所、旅館などの営業許可取得に向けて事前調査、申請代行を行うサービスをご紹介します。

▶︎民泊の種類について

旅館業は、ホテル、旅館、簡易宿所、下宿の4つに営業種別が分けられ、それぞれに必要な要件が設けられている。国家戦略特区において、「民泊条例」が施行される地域においては、旅館業の要件を満たしていなくても、民泊条例の要件を満たしていれば運営の許可を取ることができ、この条例に則った運営を「特区民泊」という。

/

顧客管理

ゲストの問い合わせ、予約状況、清掃スケジュールなどを効率的に管理することができる他、施設周辺の稼働状況やライバルの状況を把握できるデータの取得など、顧客管理とデータ分析に関連するサービスをご紹介します。

▶︎顧客管理・データ分析が重要であるワケ

民泊を運営する上で非常に重要なことの1つとして、競合の動向や利用者のニーズや市場環境の変化を素早く察知し、運営方法をアップデートしていくことがあげられる。民泊市場は2014年〜15年頃から徐々に認知が広がり、15年後半からメディアでも取り上げられることが増え、急速に拡大し、現在も市場に参入するプレイヤーが日々増加している。

2014年頃から既に民泊予約サイトのAirbnbに掲載し、宿泊客の募集をしていたベテランホストは市場の急速な変化についてこう語る。「2014年はAirbnbの掲載件数が東京全体でも数百件あるかどうかという程度で、ゲストハウスの部屋をいくつか掲載していたのですが、宿泊単価は今の倍近くあり、交流を目的とするゲストが多く、今とは客層も大きく異なります。2015年の後半あたりから、周辺の物件掲載数が増えたせいか、予約が減ってしまい、写真を替えたり、価格を安くしたり、いろいろテコ入れしましたね。」

民泊市場において、「1年」という期間は非常に短く、その間に多くの施策をうっていかなければ、予約数や売上を現状維持させることすら難しい状況だ。

/

その他

民泊市場では日々新たなジャンルのサービスが展開される。既存の枠組みではおさまらない、新しい価値を提供するサービスをご紹介します。