民泊Wi-Fi

民泊運営においてWi-Fiが必須である理由

外国人旅行者の不満は「Wi-Fi環境」の乏しさ

下記は観光庁が発表した「外国人旅行者に対するアンケート調査結果について」20歳〜40歳を中心とした概ね男女5割ずつの外国人旅行者に対し行った、旅行中困ったことについてという項目の回答をまとめたもの。

「無料公衆無線LAN環境」、つまりWi-Fi環境に対する不満が36.7%と最も割合が高いことがわかる。

目的地までの公共交通の経路情報の入手 20.00%
公共交通の利用方法(乗り方)、利用料金 17.10%
公共交通の乗り場情報の入手 10.20%
公共交通の乗車券手配 6.10%
観光情報(見所、文化体験等)の入手 5.00%
観光チケット(入場券等)の入手 2.30%
飲食店情報の入手 11.50%
飲食店の予約 6.50%
宿泊施設情報の入手 2.10%
宿泊施設の予約 2.50%
ツアー・旅行商品情報の入手 1.50%
ツアー・旅行商品の予約 1.00%
割引チケット・フリー切符の情報の入手 9.40%
割引チケット・フリー切符の入手 5.00%
無料公衆無線LAN環境 36.70%
両替・クレジットカード利用 16.10%
外国語の通じる病院情報の入手 1.70%
地図、パンフレット(他言語)が少ない 9.80%
地図、パンフレットが分かりにくい 5.00%
観光案内所の数が少ない 4.00%
観光案内所の場所が分かりにくい 4.20%
ピクトグラム・サインが少ない 3.80%
ピクトグラム・サインが分かりにくい 4.40%
コミュニケーション 24.00%
その他 6.10%

 

滞在中の不満は売上の低下に直結

民泊の継続的な収益向上は、滞在中の旅行者にどれだけ不便なく快適に過ごしてもらえるかに限る。なぜなら、多くの予約サイトには宿泊施設に対して利用者が評点・コメントする仕組みが設けられ、サイトのユーザーはその評点とコメントの内容を見て、泊まる施設を選択するからだ。そのため、最も不満を感じられることが多い「Wi-Fi環境」は真っ先に解決しなければならない課題である。

Wi-Fiに接続できず成田空港に到着してからゲストはオフライン状態が続くことも。

 

民泊Wi-Fiの特徴

容量制限なし

民泊Wi-FiとモバイルWi-Fiルーターが大きく異なる点が2つある。まず1つめが、原則としてどれだけ利用しても速度制限がかからないという点だ。モバイルWi-Fiルーターの多くが、一定の容量を利用すると、規定の期間中は速度制限がかかり、動画やサイズが大きいファイルなどを見ることが難しくなる。

民泊では短期に複数の旅行者が1つの施設に泊まりに来るため、一人の宿泊者が動画を長時間見ると、次の宿泊者は何もしていないのに制限がかかった状態のWi-Fiしか利用できないことになってしまい、これが旅行者の不満を募らせる要因になる危険性がある。無制限であれば、1つのWi-Fiで1つの施設を対応することができる。

 

解約違約金が発生しない

通常のモバイルWi-Fiルーターは、1〜2年契約期間が縛られ、契約期間満了前に解約をすると違約金として月額利用料金の3倍近い費用を請求される。民泊Wi-Fiは、契約期間を1ヶ月以内などの短期に設定していることが多く、その点も大きな特徴と言える。

 

保証が充実している

通常のモバイルWi-Fiルーターの場合、もし紛失、故障があった場合には新たにSIMカードと端末を購入し直す必要がある。民泊利用者にWi-Fiを提供すると、「外出先で紛失してしまった」「ポケットに入れたまま洗濯してしまい、壊れた」などのトラブルが十分起こり得る。民泊Wi-Fiであれば、月額数百円で保証制度に加入することができ、故障であれば0円、紛失でも1万円前後で新しい端末とSIMを支給してくれるため、安心して旅行者へ提供することができる。

 

通常のWi-Fiだとゲストのクレーム・ミスで損失が出る可能性も

「部屋に置いてあるWi-Fiを使っていたのだけれど、動画を見ようと思っても全く見れなくて使い物にならない!私、予約するときにWi-Fiあるって聞いたよね?新しいWi-Fiをいますぐ持ってきてちょうだい!」

「楽しい旅行になったよ、ありがとう。ところで、うっかりWi-Fiをポケットに入れたままにしちゃってたんだ。いま成田空港にいて、あと1時間後には出てしまうんだけど、取りに来れる?」

このようにWi-Fiの通信制限に対してのクレームや、端末の紛失、水没による破損などは比較的発生しやすく、新たな端末の補填や追加により予期せぬ費用が発生する可能性が十分に考えられる。

 

おすすめの民泊Wi-Fiのご紹介

famifi(株式会社ファミリアリンク)

famifiは、民泊運営代行大手「faminect」を運営する株式会社ファミリアリンクが提供する民泊専用のモバイルWi-Fiルーター。下り最大440Mbpsという「超高速」を強みとし、さらには契約期間の縛り、端末代金無料、月間通信制限なしという特徴も併せもつ。補償やサポート体制が手厚く、安心保証への加入により、端末が万が一、紛失、破損、故障してしまった場合は端末を無料で交換できる。英語、中国語、韓国語、日本語のスタッフが利用者からの問い合わせに対応してくれるので安心。

/

会社名 株式会社ファミリアリンク
所在地 〒162-0066
東京都新宿区市谷台町7-1 HAL21ビル2階
料金 月額3,980円
※最大2ヶ月間2,480円!お得なスタートアップキャンペーン実施中!

 

民泊Wi-Fiサービス一覧

サービス名 運営会社 所在地
民泊レンタルWi-Fi 株式会社Lucci 東京都目黒区鷹番3-6-8 TSビル2F
民泊wifi ジェイピーモバイル株式会社 東京都港区虎ノ門 2丁目7-16 エグゼクティブタワー虎ノ門502
WiFiレンタルどっとこむ 株式会社ビジョン 東京都新宿区西新宿六丁目5番1号 新宿アイランドタワー5階